銀杏

  人生の秋に

  楽しい心で、年をとり 働きたいけれど休み しゃべりたいけれど黙り

  失望しそうなときに希望し 従順に平静におのれの十字架をになう

 

  若者が元気一杯で神の道を歩むのを見てもねたまず

  人のために働くよりも 謙虚に人の世話になり

  弱って、もはや人のために役立たずとも親切で柔和であること

  老いの重荷は神の賜物

  古びた心にこれで最後のみがきをかける 

  まことのふるさとへ行くためにおのれをこの世につなぐ鎖を

  少しずつ外していくのは真にえらい仕事 

  こうして何も出来なくなればそれを謙虚に承諾するのだ

 

  神は最後に一番よい仕事を残して下さる それは祈りだ

  手は何も出来ないけれど最後まで合掌できる

  愛するすべての人の上に神の恵みを求めるために

  すべてをなし終えたら臨終の床に神の声をきくだろう

  来たれ、わが友よわれ、汝を見捨てじと

 

  (ヘルマン・ホイヴェルス随筆集「人生の秋に」より