JPG

ルカによる福音書8章40~48節

 

 「さて、イエスが帰られると、群衆は喜んで迎えた。みなイエスを待ちわびていたからである。

するとそこに、ヤイロという人が来た。この人は会堂管理者であった。彼はイエスの足もとにひれ伏して自分の家に来ていただきたいと願った。彼には十二歳ぐらいのひとり娘がいて、死にかけていたのである。イエスがお出かけになると、群衆がみもとに押し迫って来た。

 ときに、十二年の間長血をわずらった女がいた。だれにも直してもらえなかったこの女は、イエスのうしろに近寄って、イエスの着物のふさにさわった。すると、たちどころに出血が止まった。イエスは、「わたしにさわったのは、だれですか」と言われた。みな自分ではないと言ったので、ペテロは、「先生。この大ぜいの人が、ひしめき合って押しているのです」と言った。
 しかし、イエスは、「だれかが、わたしにさわったのです。わたしから力が出て行くのを感じたのだから」と言われた。女は、隠しきれないと知って、震えながら進み出て、御前にひれ伏し、すべての民の前で、イエスにさわったわけと、たちどころにいやされた次第とを話した。そこで、イエスは彼女に言われた。「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して行きなさい。」

 

決して希望を捨てずに生きる」メッセージ:岩松康宣牧師
 

 「ときに、十二年の間長血をわずらった」女性の苦しみは病だけではなく、社会の中で疎外されて生きていることであった。当時、この病は宗教的には汚れた者であると位置づけられていたために、自由に交わりの中に入ることができなかった(レビ15章)。ちょうど現在のエイズなどにかかった人々が抱いている思いと同じであったかも知れない。

 彼女は、自分のこのような苦しみから解放されるために、様々な医者を頼り、自分の持ち物、財産を使い果たしていたとマルコの福音書では記されている。彼女は病気の苦しみだけではなく経済的にも苦しんでいた。

 彼女が普通に社会生活が出来ない苦しみを背負っていることは、彼女の周りの人々は知っていたであろう。だからと言って、彼らから彼女に近づき、救いの手を差し伸べることはできなかった。

  そして、主イエスに近づきたいと思っていても、公然と彼女のほうから主イエスに近づくことはできなかった。そこで彼女は、群衆にまぎれこむ形で後ろから近づき主イエスの着物の房(民数記15:38-40)に触れたのである。この病気は律法的に汚れたものと見なされていたために、もし他人にさわったなら、さわられた人も宗教的には汚れたものと見なされた。だから群衆にまぎれこみ分からないように、主イエスの後ろからそっと触ったのである。

 しかし、群衆にまぎれてそっとさわった彼女の病はたちどころにいやされた。しかし、後ろから気づかれないように触ったはずなのに、主イエスは、わたしにさわったのは、だれですか」と言われたのである。希望を抱き続けたいと思っても、絶望的な材料が多すぎる中で彼女が見いだしたのは、主イエスに対する信仰であった。それを主イエスは見逃さなかったのである。